法人概要

■法人概要

法人名  社会福祉法人 愛育会
法人所在地  岐阜県美濃市吉川町1765−4
設立  昭和19年4月
連絡先  TEL:0575-33-0239 FAX:0575-33-2157

基本理念
全ての子どもに最善の利益を基本とし、子ども達の無限の可能性を信じ、人間としての基本的な容積造り(うつわ)をより大きく育てる教育を実践します。

保育方針
限りない力を発揮し、きらきら輝く、豊かな子ども達。即ち、おおらかな情緒、柔軟な思考、躍動的な身体を豊に育てます。

保育の特色
昭和63年より『表現活動』を主体とした生き生き保育に取り組んでいます。
表現活動とは「保育者の働きかけによって、子どもの心と体を解きほぐし、子ども本来の柔軟でしなやかな心身を取り戻す事で、子どもの創造力をさらに引き出し、より豊かな感性を育てていく」保育活動です。
平成22年より『木育』活動に取り組んでいます。
木育とは「木に親しみ、木を活かし、木とともに生きて行く」活動です。当園では特に木工を通して物を作る事の楽しさ、人や物を大切に思う心や感謝する心を育てたいと思っています。

■沿革

昭和19年4月 戦時中の社会情勢きびしい時期、美濃町当局の要請により財団法人美濃救護院の小住宅を使用して戦時保育所として美濃町保育園を創設。
昭和23年10月 児童福祉法制定により、厚生大臣より児童福祉法第39条に定める保育所として認可される.。 【収容定員120名】
昭和29年9月  旧藍見小学校校舎を購入して園舎1棟を増築する。 【収容定員150名】
昭和32年3月  旧園舎を取り壊し、給食室・保育室を増改築する。 【収容定員150名】
昭和44年3月  社会福祉法人愛育会を設立し厚生大臣より認可を得る。 【収容定員150名】
昭和46年3月  日本自転車振興会補助事業として、乳児棟1棟(鉄筋コンクリート造2階建て、1階乳児室・2階遊技室)を増築する。
昭和52年3月  再び日本自転車振興会の補助を得、県・市の助成を受けて木造園舎を全面改築、本館保育室棟1棟(鉄筋コンクリート造2階建て、保育室6室・事務室・給食室)を増改築する。【収容定員180名】
昭和54年4月 通園地域内の乳幼児減少のため、定員を削減する。 【収容定員150名】
昭和55年9月  保護者のニーズにより長時間保育を開始する。
昭和58年4月 さらに園児減少のため、定員を削減する 【収容定員120名】
昭和59年4月 定員割れによる経営難により、さらに定員を削減する。 【収容定員90名】
昭和63年4月 本館・乳児棟共に外装の傷みがひどく、国庫補助金(大規模修繕補助)により外装改修(本館)屋上防水(乳児棟)工事を行う。
平成元年4月 保育所措置費の交付基準改正により、乳児指定保育所として承認される。
平成2年8月  保育所地域活動事業補助金を得て、乳児室にエアコンを設置する。
平成5年4月   延長保育対策事業により、延長保育指定保育所として承認される。
平成5年6月  個性を伸ばすモデル保育所補助を受け、自動演奏装置付グランドピアノを購入。
平成5年8月 保育所ふれあいサポートモデル事業補助をうけ、ミーテングルームとしてエアコンを設置、他の保育室4部にもエアコンを設置して、全保育室が冷暖房完備となった。
平成6年9月 共同募金の配分金をうけ、高架水槽をステンレスタンクに取り替えた。
平成7年3月 美濃保育園創立50周年記念発表会を行い、記念式典を行った。
平成7年4月 9月産休・育休明け入所モデル事業、開所時間延長促進事業の指定をうける。
平成7年12月 民間保育所特別保育推進施設改装事業費補助をうけ、給食室の全面改修工事を行った。
平成8年1月 保育所施設整備費(業務省力化設備)補助金をうけ厨房機器を拡充整備した。
平成8年4月 地域の要望もあり、保育園開放事業を充実し、育児支援の一環として一時的保育事業を開始した。
平成9年4月 一時的保育事業が市の委託事業となり、子育て支援センター事業を始める。一時的保育事業が市の委託事業となり、子育て支援センター事業を始める。本館屋上防水と乳児室床面の傷みがひどくなったので、国・県・市の補助を受け大規模修繕事業として改修工事を行う。
平成9年12月 育児支援スペースとして補助金を受け、木造平屋建て「育児支援棟」を建設した。
平成12年1月 少子化対策臨時特例交付金補助により本館2階に図書室を増築した。
平成13年4月 入園希望者の増加により、入所定員を増員する。 【収容定員120名】
平成15年3月 園舎本館棟大規模修繕工事により、県産材を使用し床暖房を取り入れた大改造を行った。
平成16年8月 運動場を整備(グリーンダスト園庭改修工事)
平成18年4月 事務室改装
平成21年4月 入園希望者の増加により、入所定員を増員する。 【収容定員130名】
平成23年12月 乳児棟を耐震に問題があるため育児支援棟に用途変更する。
平成24年1月 美濃保育園緊急整備事業補助金・県産材補助金・木質バイオマス補助金を受け、育児支援棟・遊戯室を木造に改築する事が決定する。平成24年3月着工。平成24年12月完成。
平成24年11月 遊戯室改築事業に伴い、本館屋上に太陽光パネル54枚(7,02kw)設置のため、本館屋根の防水工事を行う。
平成27年3月 美濃市より修繕事業補助金を頂き本館非常階段整備と屋上ラップの設置を行う。
平成27年4月 入園希望者の増加により、入所定員を増員する。 【収容定員140名】
平成28年2月 園バス12人用ハイエースを買い換える。
平成28年3月 本館屋上テラス防水工事を行い、プールを撤去する。
平成28年4月 社会福祉法人愛育会美濃保育園が保育所から岐阜県の認可により、幼保連携型認定こども園になる。

財務諸表について

美濃保育園では、社会福祉法人会計基準に基づ<適正な会計処理・様々なニーズに対応する事業の実施など、より良い福祉サービスの提供に努めております。
財務諸表および事業報告書は、どなたでも閲覧できるよう園に備え付けておりますが、ホームページでも公開しております。
情報をお求めの方は、下記よりPDFファイルをダウンロードしてください。

平成28年財務諸表